診察のご案内

  • 予防プログラム
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 最新の矯正治療

インプラント

インプラント治療と従来の治療法の比較

ここでは、インプラント治療と従来の治療法を3つに分けて紹介していきます。
それぞれの良い点・留意点を見てみましょう。

インプラントイメージ 従来の治療法(1)ブリッジ 従来の治療法(2)入れ歯
良い点
  • 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
  • 噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになる。
  • 隣の歯を削る必要がない。
  • 見た目が天然歯に近い。
  • 良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える。
  • 固定式であるため、装着しても違和感があまりない。
  • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能。
  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効。
  • ブリッジのように健全な歯を削らずに補える。
    (削る替わりにバネで固定する場合もある。)
留意点
  • インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要。
  • 全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
  • インプラントを維持するためには十分なロ腔衛生の管理と定期的な検診が必要である。
  • ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある。
  • 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある。
  • ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスがつまり、ロの中が不衛生になりやすい。
  • 空気がもれて発音が困難になることがある。
  • バネによる隣の歯への負担が大きい。
  • 噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる。
  • 取り外して手入れをする必要がある。
  • すぐにガタつきやすい。
  • 口の中に違和感を感じやすい。
  • 食物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
治療費用
  • インプラントは保険適用外であるので自由診療となる。
  • 手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が算定されます。
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。

インプラントについて、こちらもご覧ください